« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の記事一覧

2011年10月30日

  昨日、私の盲学校時代の友人が、久々に東京に来ると言うので、もう一人の友人と3人で、「ゆっくり四方山話をしながらおいしい料理を食べよう」と言う事になった。
  実は、この二人の友人は、先天に近い時期に失明した全盲で、私だけがロービジョンと言う事で、少し見えている私が、案内しやすい店を選ぶことになっていた。

  一人はヘビースモーカー、酒を飲んで話が弾むと、結構でかい声を張り上げる人たちで、二人の注文が「静かでとにかくゆっくり話せる所」と言う事だった。
  そこで、まず個室を予約して、料理の種類は、一品ずつ、それぞれの器に入って運ばれてくる「懐石料理」と言う事に決めた。少々お値段が張るけれど、3人ともそのぐらいの贅沢はできる年だろうと判断した。

2011年10月19日

  皆さんもご存じのように、10月1日から視覚障害者の移動をサポートする新しいサービスとして「同行援護」が導入された。
  これは、今まで「地域支援事業」と位置づけられていたガイドヘルパー派遣事業を、「自立支援給付」として位置づけたものである。本来であれば、この新事業についての詳細は、4月に決定されて地方自治体に説明され、そして充分な準備期間を取って実施されるはずであったが、東日本大震災の勃発のため、事業の詳細にわたる決定が遅れて、各自治体には、9月半ば過ぎに詳細が説明されると言う状況になった。

 そんな関係で、実施にあたる各自治体も詳細が良く分からず、サービス提供を行う事業所に対する説明も十分できず、あちこちで様々な混乱が起こっていると聞いている。

第21回視覚障害リハビリテーション研究発表大会の開催情報

開催時期 2012年6月16日(土)6月17日(日) 
        開催前日の6月15日には、各種委員会や理事会などを開催予定
開催場所 国立障害者リハビリテーションセンター学院
会場の場所等は下記URL参照
http://www.rehab.go.jp/College/japanese/index.html
総合テーマ  「高齢視覚障害者のリハビリテーション」

  10月3日に第一報を書いてから、あっという間に2週間が過ぎてしまった。この間私のライフワークである「視覚障害リハビリテーション」の事で、いろいろと変化があって、そちらの対応に追われていた。
  その事がまだまだつづきそうだし、生活リズムがなかなか元に戻らないと言う事もあって、ココ島の話を書くのには、まだまだ時間がかかりそうな気がする。

  そんな中、このツアーを企画したクラブアズールの公式サイトに、すてきなココ島のレポートが出ているので、そのアドレスを貼り付けておきたい。どんなツアーだったか、すばらしい写真入りで見ることができるから。
http://www.hello-azul.jp/m13/essay/2011/10/post_83.php

2011年10月 3日

  ココ島のダイビングから9月29日の夕方に戻って来た。
  戻って今日で丸4日。ふと気づくと、世の中は10月に入っていて、そしてなぜか,気温が急激に下がっていてびっくり。
  冷蔵庫を開けても,ついに食べるものが何もなくなったので,重い頭と重い体を引きずるようにして買い物に出て行った。
  いつも慣れ親しんだスーパーの店内が,なんだか違った空間に見え、何となくもたもたしながら,それでも、野菜や肉やそして今日の夜のための出来合のお寿司を買い物かごに入れていたら,「華麗なお正月のためにおせちの予約をお早めに」と言う場内放送にびっくり。そういえば、今年も後3ヶ月ないんだなと実感させられた。

  年を取ったせいなのか,それとも15時間の時差がひどくきつかったのか、とにかく帰国して3日間、夢を見ているような,現実感がないような、そんな日々を送っていた。

検索

スキップして自己紹介「私って」へ

過去のページ
(ODNに置いてあったもの)

スキップして「最近の記事」へ

アーカイブ

スキップしてカウンターへ

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年