« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の記事一覧

2010年11月27日

 私の使っているデスクトップパソコンは、購入した時からちょっぴり調子が悪くて、もしかしたら「外れ」の機械を購入してしまったのかなと思っていたが、とにかくそれなりに動いてくれていた。ところが、ここ2週間ほど、突然画面が凍り付いてしまったり、エラーメッセージが表示されたりで、「困ったな、いよいよだめになったのかな」「またお金かかるし」と思いながら、立ち上げ直せば使えるので、何とかだましだまし使っていたのだが、一昨日ついにうんともすんともいわなくなって、起動しなくなってしまった。
 私の今の仕事は、ほとんどメールでいろいろと連絡を取り合うことの多い仕事で、パソコンがだめになったらにっちもさっちもいかない。
 慌てて、自宅に出張してくれ、診断をして、可能ならその場で修理もしてくれるところに電話をかけて、その日の午後来てもらった。

2010年11月15日

正面玄関を入った所にある大きなクリスマスツリー 玄関ホールにあってガラス越しに通りからも良く見えるツリー
(左の写真はマンション玄関に飾り付けられたツリー 右の写真はガラス越しに通りから見える玄関ホールに飾り付けられたツリー)

  11月10日を過ぎた頃から、町のあちこちで、木にLEDライトを飾り付けたライトアップが増えて来た。そうなると否が応でも今年も残り少なくなって来たのだという実感がわいてくる。
  ライトアップされた通りを歩いて、「きれいだなー」と思いながら、私の住んでいるマンションの前まで来ると、通りから、青くライトアップされたツリーが見え、そして玄関に入ると、正面に毎年恒例になった大きなクリスマスツリーがあった。
  昨年までは、高知から時々マンションに来て、たまたま目にして感激したツリーだが、「今年はここで年越しをする」と思ったら、なんだかいつもと違って見えるのは、とても不思議だ。
  63歳になって、東京の故郷で過ごす年越し、しみじみ思う割りには、きっといつもとそんなに変わるわけではないだろうけれど。でも、少し特別なものにしたいような気もしている。

2010年11月10日

夕日に感激して

私の部屋の窓から見える黄金色の夕日
(写真は私の部屋の窓から見える夕日)
 月日の経つのは本当に早いもので、私が東京に引っ越して来て9ヶ月があっという間に過ぎて行き、季節は秋から冬に変わろうとしています。後5日すると私は63歳になります。自分では、30年ぐらいしか生きていないように思うのに、本当に時間と言うのは矢のように過ぎていくのだとつくづく感心してしまいます。
 最近の私のお気に入りは、毎日午後3時を過ぎると部屋の窓から日が差し込んで、部屋中がぱっと明るくなること。そして午後4時半頃、ベランダに出ると写真のような夕日がビルの谷間に沈んでいくのが見えることです。
 私の高知の住まいは、東南の角部屋で、日当たり最高でしたから、経済的な理由で、北西のを向いたこの部屋しか購入できなかった時、実は非常にがっかりしていたのですが、秋から冬にかけて太陽が低くなって来て、西日が部屋中に差し込むこの光景を見ると、とても幸せな気分になれるのです。
 とても便利なロケーションに立っているこのマンションの、こんなすてきな景色の見えるこの部屋に住めて、本当に良かったと思えます。
 北西に向いているのも悪いことじゃないです。人生考え方一つで、明るくなります。

検索

スキップして自己紹介「私って」へ

過去のページ
(ODNに置いてあったもの)

スキップして「最近の記事」へ

アーカイブ

スキップしてカウンターへ

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年